ES (従業員満足度)・エンゲージメント の向上から経営の好循環サイクルをつくる!
株式会社ヒューマンブレークスルーは、創業15年目の「ES・エンゲージメント」に専門特化した日本発のコンサルティング会社です。 

ES(従業員満足度)・エンゲージメントの専門コンサルティング会社

株式会社ヒューマンブレークスルー

<東京オフィス>〒107-0062 東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山942
<福岡オフィス>〒810-0001 福岡市中央区天神4丁目8番2号 天神ビルプラス5F

お電話はこちら【東京オフィス】
03-6869-1712
お電話はこちら【福岡オフィス】
092-405-5501

人的資本についての疑問を解消

人的資本の解説ページ

“人”はコストでしかないのか?

人的資本

今注目されている人的資本

企業会計の世界では、「人」は損益計算書(PL)の中で「コス」でしか表現されてきませんでした。

はたして、本当にそうでしょうか?

「人」をむしろ、貸借対照表(BS)の資産として見るべきではないのか?

私たちは以前より、従業員満足度やエンゲージメントの観点から、このような主張をしてきましたが、今このような動きが世界的に加速しています。

たとえば、ESG。ESGとは、環境(E: Environment)、社会(S: Social)、ガバナンス(G: Governance)の英単語の頭文字をもじったキーワードです。 企業が長期的に成長していくためには、経営においてこの3つの着眼点が必要だという考え方で、今世界中で広まっています。

ESGは投資の世界で企業評価のひとつの基準になりつつあり、特にこの中のS(社会)のカテゴリーが注目されています。

具体的には、企業としての従業員に対する取組み姿勢(満足度向上、教育機会の強化、ワークライフバランス、健康経営)です。

人をコストではなく、資産としてみなし、資産価値を高めるための取組みが、企業の業績に反映されていく。だからこそここの部分が企業評価を行う上での1つの基準になりつつあるのです。

人的資本の国際規格(ISO30414)

ISO30414は人的資本の国際規格

2018年にISO(国際標準化機構)が、企業における人事マネジメントに関するガイドラインを策定しました。これがISO30414です。

組織が自社従業員に関する人的資本に関するパフォーマンスについて、定量的に測定・分析し、開示することを要求しているマネジメントシステムの1つです。

「ダイバーシティ(多様性)」「組織風土」「生産性」など人的資本に関する11の大項目があり、その中にさらに58の指標から構成されています。全ての指標を対外的に公表する必要はありませんが、離職率などの重要な指標は開示が推奨されています。また開示については大企業と中小企業、また社内や社外などで分類分けもされています。

近年は海外・国内の機関投資家が、企業に対して長期的な価値の向上への取り組み姿勢を重視していることから、この人的資本に関する情報公開を注目しています。

具体的には20208月に、SEC(米国証券取引所)が、上場企業の人的資本に関する情報公開を義務化しています。

ISO30414の概要とは?

ISO30414の概要

ISO30414で求められている11項目と58指標は以下のとおりです。

1.倫理とコンプライアンス

 ①提起された苦情の種類と件数
 
 
②懲戒処分の種類と件数

 ③コンプライアンス研修を受けた従業員の割合

 ④第三者に解決を委ねられた紛争

 ⑤外部監査で指摘された事項の数と種類

2.コスト

 ①総労働力コスト

 ②外部労働力コスト

 ③総給与に対する特定職の報酬割合

 ④総雇用コスト

 ⑤1人当たり採用コスト

 ⑥採用コスト

 ⑦離職に伴うコスト

3.ダイバーシティ

 ①年齢

 ②性別

 ③障害

 ④その他

 ⑤経営陣のダイバーシティ

4.リーダーシップ

 ①リーダーシップに対する信頼

 ②理職1人当たりの部下数

 ③リーダーシップ開発

5.組織風土

 ①エンゲージメント/満足度/コミットメント

 ②従業員の定着率

6.健康・安全・幸福

 ①労災により失われた時間

 ②労災の件数(発生率)

 ③労災による死亡者数(死亡率)

 ④健康・安全研修の受講割合

7.生産性

 ①従業員1人当たりEBIT/売上/利益

 ②人的資本RoI

8.採用・異動・離職

 ①募集ポスト当たりの書類選考通過者

 ②採用社員の質

 ③採用にかかる平均日数

 ④重要ポストが埋まる迄の時間

 ⑤将来必要となる人材の能力

 ⑥内部登用費

 ⑦重要ポストの内部登用費

 ⑧重要ポストの割合

 ⑨全空席中の重要ポストの空席率

 ⑩内部異動数

 ⑪幹部候補の準備度

 ⑫離職率

 ⑬自発的離職率

 ⑭痛手となる自発的離職率

 ⑮離職の理由

9.スキルと能力

 ①人材開発・研修の総費用

 ②研修への参加率

 ③従業員1人当たりの研修受講時間

 ④カテゴリー別の研修受講率

 ⑤従業員のコンピテンシーレート

10.後継者計画

 ①内部継承率

 ②後継者候補準備率

 ③後継者の継承準備度(即時)

 ④後継者の継承準備度(13年,45年)

11.労働力

 ①総従業員数

 ②総従業員数(フル/パートタイム)

 ③フルタイム当量(FTE

 ④臨時の労働力(独立事業主)

 ⑤臨時の労働力(派遣労働者)

 ⑥欠勤率

出所:ISO 30414:2018ヒューマンリソースマネジメント-内部及び外部人的資本報告の指針

人的資本の今後の動きに注目

人的資本の動向に注目

今後、米国企業においては、人的資本のマネジメントに関するレポートを開示するケースが大きく増加していくことが予測されます。欧州においても、すでにドイツ銀行グループのアセットマネジメント会社がISO30414に準拠したレポートを提出するなどの動きが出始めています。

日本においても、このような欧米の流れから、人的資本を重要視する動きが今後強まることが予測されます。

従業員満足度やエンゲージメントとも関連性が高いことから、今後人的資本やISO30414の動向について注視し、最新データをアップデートしていきたいと考えています。

従業員満足度・エンゲージメントのお問合せはこちら

エンゲージメントやESのご相談は弊社まで

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら(東京オフィス)

03-6869-1712

お電話でのお問合せはこちら(福岡オフィス)

092-405-5501

お問合せはこちら

ES・エンゲージメントの相談は専門コンサル会社まで
東京オフィスへのお問合せ
03-6869-1712
福岡オフィスへのお問合せ
092-405-5501

どんな些細なご質問でも結構でございます。

書籍の出版情報

星野リゾートの星野社長も推薦!
ES (従業員満足度)・エンゲージメントの専門家が書き下ろした書籍が3冊発売中!

会社概要

従業員満足度・エンゲージメント専門コンサルティング会社の代表、志田貴史です。

創業15年目となる、ES (従業員満足度) ・エンゲージメントに専門特化した、コンサルティング会社です。

株式会社
ヒューマンブレークスルー

代表者:志田 貴史

東京オフィスへのお問合せ
03-6869-1712
03-6893-3931

〒107-0062
東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山942

福岡オフィスへのお問合せ
092-405-5501
092-405-5502

〒810-0001
福岡市中央区天神4丁目8-2 天神ビルプラス5F